ユーザー登録
文字サイズ

国民健康保険限度額適用認定証などの発行

1/60

茨城県水戸市 クリエイティブ・コモンズ

国民健康保険に加入している方が、病院などにかかるときには、医療費の3割(未就学児は2割)の自己負担となります。ただし、「限度額適用認定証」または「限度額適用・標準負担額減額認定証」を被保険証とともに提示することで、窓口での自己負担が限度額までとなります。
平成27年度分(平成27年8月~平成28年7月)が必要な方は、印鑑(ゴム印不可)と被保険者証をお持ちのうえ、申請してください。前年度から延長する場合も申請書が必要です。
※なお、70歳以上75歳未満の方は、住民税非課税世帯の方のみ、「限度額適用・標準負担額減額認定証」が発行されます。国民健康保険税を滞納している方には、認定証を交付できない場合があります。所得の申告が済んでいない方(無収入の方も含む)が世帯にいる場合には、全員の申告が必要となります。
問/国保年金課(TEL 232・9166)

<<この記事についてアンケートにご協力ください。>>

広告

※広告は一般社団法人オープン・コーポレイツ・ジャパンが掲載しているものであり、広報紙を発行している自治体とは何ら関係ありません。

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル
協力 水戸市 〒310-8610 茨城県水戸市中央1丁目4番1号