ユーザー登録
文字サイズ

広報みと 令和元年10月1日号

自転車は車道を通ります

3/21

茨城県水戸市 クリエイティブ・コモンズ

市では、「おでかけが楽しくなるまち 水戸」を目指し、安全で快適な自転車利用環境の整備を進めています。自転車をはじめ、歩行者、クルマなど、道路を利用するすべての方が安全に通行できるように、「おもいやりの心」を持って行動しましょう。

■クルマは自転車にやさしく
自転車は車道の左側を通行します。クルマを運転する皆さんは、自転車のルールを理解し、自転車に乗る方をおもいやり、安全運転を心がけましょう。
市内の一部の道路で、車道の左側に、自転車の通行空間として青い矢羽根と自転車マークを表示しています。車道を通行する自転車にやさしい運転をお願いします。
・交差点を左折する際は、自転車の巻き込みに注意しましょう
・自転車を追越す際は、間隔を充分に確保しましょう

■自転車はクルマの仲間
自転車は、便利でエコな乗り物。多くの皆さんが日常生活で利用しています。
一方で、その手軽さから「クルマの仲間」という意識が少ない方も多く、利用者のマナーが問われています。道路交通法に違反をすれば、クルマと同じように罰則が科されることもあります。ルールを守って安全に利用しましょう。

◇青い矢羽根の向きに通行を
自転車に乗る時は、青い矢羽根に沿って、車道の左側を通行してください。また、矢羽根のない道路でも、車道の左側を通行しましょう(歩道通行は、安全上やむを得ない場合に限られています)。
※やむを得ず歩道を通行する場合は、歩道の車道寄りを徐行してください。また、13歳未満と70歳以上の方の歩道通行は認められています。

▽車道の左側通行を
自転車は、車道の左側を通行しなければなりません。大変危険ですので、絶対に右側を通行しないでください。

▽交差点での一時停止
自転車もクルマと同じように、道路標識などに従い一時停止し、左右の安全をよく確認しましょう。

▽並走の禁止
他の自転車と並走してはいけません。
※道路標識などで認められている場合を除きます。

▽ながら運転の禁止
スマートフォンを操作しながら、傘を差しながら、イヤホンで音楽を聞きながらなどの運転は禁止されています。

■路面表示の整備を進めています
市では、青い矢羽根や自転車マークによる路面表示の整備を進めています。これまでに、水戸駅南口や赤塚駅南口などで路面表示を行いました。
今後は、梅が丘通りの一部区間(赤塚駅南中央通りとの交差点~梅が丘小学校付近)で、路面表示の整備を進める予定です。

問合せ:交通政策課
【電話】291-3804

<<この記事についてアンケートにご協力ください。>>

広告

※広告は一般社団法人オープン・コーポレイツ・ジャパンが掲載しているものであり、広報紙を発行している自治体とは何ら関係ありません。

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル
協力 水戸市 〒310-8610 茨城県水戸市中央1丁目4番1号