ユーザー登録
文字サイズ

広報みと 令和元年11月1日号

特集 平成30年度の決算状況 2

5/18

茨城県水戸市 クリエイティブ・コモンズ

■公営企業会計
公営企業会計は、地方公営企業法の適用を受ける会計で、その年度の損益を明らかにするための収益的収支と、施設の整備拡充に充てる資本的収支に分かれています。

※資本的収支の収入には、翌年度繰越支出の財源に充当する額は含まれません。資本的収支の収入が支出に対して不足する額は、損益勘定留保資金などで補てんしました。

■市債の現在高
平成30年度末の市債現在高は、新ごみ処理施設や
東町運動公園新体育館の整備などの影響により、総額で前年度末から72億6,363万円増加し、2,258億5,408万円となりました。
なお、市債は、みと財政安心ビジョンに基づき、中長期的な視点で適正に管理しています。

市の財政についての情報は、市ホームページでも見ることができます。

<<この記事についてアンケートにご協力ください。>>

広告

※広告は一般社団法人オープン・コーポレイツ・ジャパンが掲載しているものであり、広報紙を発行している自治体とは何ら関係ありません。

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル
協力 水戸市 〒310-8610 茨城県水戸市中央1丁目4番1号