ユーザー登録
文字サイズ

広報みと 令和元年5月1日号

今月の表紙

20/23

茨城県水戸市 クリエイティブ・コモンズ

■新元号「令和」と水戸

水戸市は、新元号「令和」を歓迎し、新天皇の即位をお祝いします。
「令和」に込められた「厳しい寒さの後に春の訪れを告げ、見事に咲き誇る梅の花のように、一人一人の日本人が明日への希望とともにそれぞれの花を大きく咲かせることができる」という願いは、梅の名所である偕楽園をひらいた水戸藩第9代藩主・徳川斉昭公が漢詩「弘道館に梅花を賞す」で詠んだ「雪裡(せつり)春を占む 天下の魁(さきがけ)」、すなわち「梅の花は、寒さの中の雪を乗り越えて咲く春の魁である」という精神とも通じています。

<<この記事についてアンケートにご協力ください。>>

広告

※広告は一般社団法人オープン・コーポレイツ・ジャパンが掲載しているものであり、広報紙を発行している自治体とは何ら関係ありません。

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル
協力 水戸市 〒310-8610 茨城県水戸市中央1丁目4番1号