ユーザー登録
文字サイズ

広報みと 令和元年5月15日号

図書館ボランティアin水戸

16/22

茨城県水戸市 クリエイティブ・コモンズ

市立図書館では、さまざまなボランティア活動が行われています。図書館に欠かせない存在となっているボランティアの皆さんの活動を、各館ごとに紹介します。

■第1回 中央図書館
中央図書館の児童室では、毎月第4木曜日に絵本の読み聞かせ「おはなし会」が行われています。主催している「もこもこの会」は、平成18年から市内で読み聞かせを行っているボランティアグループです。代表の田村良子さんは「子どもたちに本を好きになってもらいたい。読み聞かせが、そのきっかけになれば」と、活動理由を話します。
大切にしていることは、まず絵本を楽しんでもらうこと。田村さんは、日頃からたくさんの絵本を読むだけでなく、作者の意図や制作の背景も学んでいます。絵本を選ぶときは、絵に子どもの目を引く力があるかに着目。「絵に力があれば、子どもたちは夢中になってくれる」。読み聞かせの合間に簡単な手遊びを取入れ、飽きさせない工夫もしています。
「子どもが好きで、本が好き。活動が大変だと思ったことはほとんどない」と笑顔を見せる田村さん。「子どもたちと本をつなぐ場所に」と、思いを込めて活動を続けていきます。

◇中央図書館からのお知らせ
お子さんと一緒に、絵本の読み聞かせを聞いてみませんか。どちらも当日受付で、気軽に参加できます。
▽ちいさい子のためのおはなし(0歳~2歳児向け)
日時:毎月第2木曜日(6月は休み)、午前11時~11時20分

▽おはなし会(未就学児向け)
日時:毎月第4木曜日、午前11時~11時30分
場所:中央図書館児童室

問合せ:中央図書館
【電話】226・3951

<<この記事についてアンケートにご協力ください。>>

広告

※広告は一般社団法人オープン・コーポレイツ・ジャパンが掲載しているものであり、広報紙を発行している自治体とは何ら関係ありません。

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル
協力 水戸市 〒310-8610 茨城県水戸市中央1丁目4番1号