ユーザー登録
文字サイズ

広報みと 令和元年7月15日号

情報ガイド 税など

5/21

茨城県水戸市 クリエイティブ・コモンズ

■国民健康保険税が確定しました
7月中旬に納税通知書を送付します。介護保険第2号被保険者(40歳以上65歳未満)のいる世帯では、介護納付金分をあわせて課税します。
納期限内であれば、コンビニエンスストアや郵便局でも納付することができます。各納期限を確認のうえ、納め忘れに注意してください。

◇普通徴収(納付書、口座振替での納付)
確定した年税額を、8回に分けての納付となります。納付書で一括納付する場合の納期限は、7月31日(水)です。

◇特別徴収(年金天引きでの納付)
既に年金天引きされている方は、4・6・8月は、本算定前の仮徴収として前年度の課税額をもとにした額が天引きされます。10・12月、翌年2月は、本算定後の年税額から仮徴収金額を差引いた残りの額の3分の1ずつが天引きされます。
新たに10月から年金天引きとなる方は、7・8・9月は納付書での納付、10・12月、翌年2月は年金からの天引きとなります。

問合せ:
課税については国保年金課【電話】232・9526
納付については収税課【電話】232・9145

■国民年金保険料の免除制度と追納制度
国民年金は、20歳以上60歳未満のすべての方が加入する制度です。経済的な理由などで保険料の支払いが困難な場合は、前年の所得を基準として、納付を免除、猶予する制度があります。
また、免除や猶予を受けた期間の保険料は、10年間遡って納付できる追納制度もありますので、ご利用ください。
なお、免除や猶予などの申請をしないで未納にしておくと、老齢基礎年金や障害基礎年金に反映されませんので、ご注意ください。令和元年度の免除などの受付は、7月から令和2年6月までの期間を対象とします。過去分は2年1か月前まで遡って申請できます。
申請の種類:全額免除、4分の3免除、半額免除、4分の1免除、納付猶予
申請に必要なもの:国民年金手帳、印鑑、雇用保険被保険者離職票(失業の場合)、身分証明書
申請先:国保年金課、各出張所
※詳細は、お問合せください。

問合せ:
水戸北年金事務所【電話】231・2283
市同課【電話】232・9529

■住民税非課税世帯の方の介護保険料を軽減します
軽減後の保険料(年額)は、10月上旬に通知します。
対象:住民税非課税世帯の方で、介護保険における所得段階が、第1~3段階の方
軽減後の保険料(年額):
第1段階…2万6640円
第2段階…4万4280円
第3段階…5万1360円
※詳細は、お問合せください。

問合せ:介護保険課
【電話】232・9194

■令和元年度 納期のお知らせ
納期限:7月31日(水)

納付に関する問合せ:
収税課【電話】232-9145
後期高齢者医療保険料については国保年金課

◇市税などの納付は便利で確実な口座振替で
口座振替のできるもの:市県民税(普通徴収)、固定資産税・都市計画税、軽自動車税、国民健康保険税、後期高齢者医療保険料など
申込み:納税通知書、預(貯)金通帳、通帳印をお持ちのうえ、預(貯)金口座のある市内の金融機関へ
※申込みから最初の口座振替までに、1~2か月かかります。後日、「口座振替開始のお知らせ」のはがきを送付します。

<<この記事についてアンケートにご協力ください。>>

広告

※広告は一般社団法人オープン・コーポレイツ・ジャパンが掲載しているものであり、広報紙を発行している自治体とは何ら関係ありません。

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル
協力 水戸市 〒310-8610 茨城県水戸市中央1丁目4番1号