ユーザー登録
文字サイズ

広報みと 令和元年8月1日号

安心 活力 誇り〟 魁 (さきがけ)のまち・水戸 未来への飛躍

16/18

茨城県水戸市 クリエイティブ・コモンズ

■No.8 水戸まちなかフェスティバル~秋のストリート文化祭~
水戸まちなかフェスティバル(水戸フェス)は、国道50号の水戸中央郵便局前~大工町交差点間(愛称:黄門さん通り)を歩行者天国として、参加型イベントを中心に行われる「秋のストリート文化祭」です。
東日本大震災により大きな被害を受けた水戸のまちに、再びにぎわいを取り戻そうと、市内の商店街団体有志をはじめとする市民との協働により、平成24年10月28日に初めて開催しました。まちなかでさまざまな分野の催しが一度に楽しめる「文化祭」をコンセプトとする取組は、来場者、出展団体の双方から高い評価を得ました。その後、回を重ねるごとに来場者数が増加し、2年前の第6回には10万2千人と第1回の約3倍を記録。水戸フェスは市の一大イベントに成長し、まちの魅力となっています。
昨年は悪天候により中止となった水戸フェスですが、今年は市制施行130周年記念「第8回水戸まちなかフェスティバル」として9月16日に開催します。アート、ワークショップ、エンターテイメント、デザイン、グルメなど、文化祭ならではのバラエティ豊かなイベントが目白押しです。また、会場の周辺には、昔ながらの老舗や新しく個性的なショップなどさまざまなお店があります。体験イベントへの参加、買い物、食事、お気に入りの店探し―。あなたならではの楽しみ方で、水戸フェスを満喫してください。

問合せ:
商工課【電話】232・9185
政策企画課【電話】350・1580

◇市制施行130周年記念イベント 第8回水戸まちなかフェスティバル
歩行者天国となる黄門さん通りをはじめ、水戸駅北口周辺やM-SPOなどを舞台に、約80のイベントが開催されます。
今回のテーマは、「『わ』で盛り上がる」。まち駕籠(かご)など、「和」にちなんだイベントを行うほか、「輪」「笑い」「ワークショップ」など、さまざまな「わ」が盛りだくさん。ぜひ、水戸の「わ」をお楽しみください。
日時:9月16日(月)、午前10時~午後4時(交通規制は午前9時~午後5時)
場所:中心市街地(水戸駅~大工町交差点)

問合せ:水戸まちなかフェスティバル実行委員会
(商工課内、【電話】232-9185)
※詳細は、「広報みと」9月1日号でお知らせします。

<<この記事についてアンケートにご協力ください。>>

広告

※広告は一般社団法人オープン・コーポレイツ・ジャパンが掲載しているものであり、広報紙を発行している自治体とは何ら関係ありません。

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル
協力 水戸市 〒310-8610 茨城県水戸市中央1丁目4番1号