ユーザー登録
文字サイズ

広報みと 令和元年8月15日号

9月は水戸市男女平等参画推進月間です

12/23

茨城県水戸市 クリエイティブ・コモンズ

市では、男女が自らの意志によって、あらゆる分野の活動に参画できる社会の実現を目指しています。
皆さんもさまざまな催しをとおして、男女平等のあり方などについて考えてみませんか。

■ヒューマンライフシンポジウム2019「女(ひと)と男(ひと) 未来へつなぐメッセージ」
「水戸市市制施行130周年記念事業」
日時:9月1日(日)、午後1時30分~3時40分
定員:250名(定員になり次第締切り)
料金:無料
講師:三浦瑠麗(国際政治学者)
テーマ:「地方と政治と未来」~自分らしく今を生きる~
申込期限:8月31日(土)
※託児の申込みは8月22日(木)まで。
企画運営:NPO法人M・I・T・O21

■男女平等参画映画祭
「六月燈(ろくがつどう)の三姉妹」(2014年、104分)
老舗和菓子店のワケあり三姉妹が巻き起こす、家族の再生と商店街の生き残りにかける店主たちの人間模様を描いた、笑いと涙のハートフルコメディー。
日時:9月8日(日)、午後1時30分から(午後1時開場)
定員:250名(定員になり次第締切り)
申込期限:9月7日(土)
※託児の申込みは8月29日(木)まで。
主催:水戸女性会議

■「地域力UP!夢・仕事はひらめきから」~起業でまちづくり~
バルーンに魅了され、市内でバルーンショップを立ち上げた女性が、起業家としての苦労や、地域への思いについて語ります。
日時:9月21日(土)、午前10時15分~11時45分
定員:40名(定員になり次第締切り)
講師:佐々木美季(パパメイアン代表取締役)
申込期限:9月20日(金)
※託児の申込みは9月12日(木)まで。
主催:水戸女性フォーラム

■新しい令和の時代~政策決定の場に私たちの力を!~
政策決定の場に女性の視点がいかに必要であるのか、女性議員自身の体験を中心とした講話と討論を行います。
日時:9月21日(土)、午後1時~3時30分
定員:30名(定員になり次第締切り)
講師:中村博美(常総市議会議員)
申込期限:9月20日(金)
※託児の申込みは9月12日(木)まで。
主催:みと男女平等参画を考える会

■「水戸市男女平等参画基本条例」制定後20年を前にー新しい時代につなぐためにー
水戸市男女平等参画基本条例施行から19年にあたり、条例の市民への浸透や影響などの話から、今後の男女平等について考えます。
日時:9月21日(土)、午後1時30分~3時30分
定員:30名(定員になり次第締切り)
講師:田山知賀子(市消費生活センター長)、山崎一希(茨城 大学職員)、米川久子(「水戸の女性史」をつくる会副代表)
申込期限:9月20日(金)
※託児の申込みは9月12日(木)まで。
主催:「水戸の女性史」をつくる会

■21世紀の家族像~多様化する家族観と性~
「多様性」の視点で「せい(生まれながらの性とジェンダー)」が関わる二つの問題、「最近の家族観」と「性的マイノリティ」について考えます。
日時:9月28日(土)、午後1時30分~3時30分
定員:30名(定員になり次第締切り)
講師:酒井はるみ(茨城大学名誉教授)
申込期限:9月27日(金)
※託児の申込みは9月19日(木)まで。
主催:NPO法人NPO消費者市民ネット21

■「共生社会:あなたとわたしの心のつながりを求めて」~ジェンダーの視点から~
障害者や臨床心理士の視点から、男女平等や心のつながりとは何かを考えます。
日時:9月29日(日)、午後1時30分~3時45分
定員:30名(定員になり次第締切り)
講師:有賀絵里(茨城県地方自治研究センター研究員)、安藤 みゆき(茨城短期大学・臨床心理士)
申込期限:9月28日(土)
※託児の申込みは9月19日(木)まで。
主催:大学女性協会茨城支部

場所:みと文化交流プラザ
料金:無料
申込み・問合せ:各申込期限までに、直接または電話で、男女平等参画課(みと文化交流プラザ内、【電話】226-3161)へ
※ヒューマンライフシンポジウムは右の二次元コードからも申込みできます。
※託児(6か月以上)はいずれも無料。ヒューマンライフシンポジウム2019は定員20名、その他の講座は定員各4名。

<<この記事についてアンケートにご協力ください。>>

広告

※広告は一般社団法人オープン・コーポレイツ・ジャパンが掲載しているものであり、広報紙を発行している自治体とは何ら関係ありません。

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル
協力 水戸市 〒310-8610 茨城県水戸市中央1丁目4番1号