ユーザー登録
文字サイズ

広報みと 令和2年1月1日号

情報ガイド 税など

8/15

茨城県水戸市 クリエイティブ・コモンズ

■確定申告での社会保険料控除の取扱い
国民健康保険税、後期高齢者医療保険料、介護保険料は、所得税や市・県民税の申告の際に、社会保険料控除の対象になります。
課税年金から天引きの方は、1月以降に年金保険者から送付される公的年金などの源泉徴収票を、普通徴収(納付書、口座振替での納付)または非課税年金(遺族・障害年金など)から天引きの方は、1月下旬に市から送付する納付額確認書、口座振替の領収済通知書、納付済みの納付書の領収書のうちいずれかを、申告書に添付してください。
詳細は、各担当課(国民健康保険税については収税課)に、お問合せください。

問合せ:
収税課【電話】232・9145
国保年金課【電話】232・9528
介護保険課【電話】232・9194

■償却資産の申告を忘れずに
事業に使用する固定資産(償却資産)を所有している法人や個人の方は、毎年1月1日現在の償却資産の所有状況の申告が必要です。
申告の期限は、1月31日(金)です。早めに申告してください。
※申告書は、市ホームページから入手できます
償却資産の具体例:
(1)事務系(パソコン、コピー機など)
(2)飲食店(厨房機器、テナント施工の内装など)
(3)小売店(陳列棚、広告塔、駐車場設備など)
(4)工場(各種製造設備、受変電設備など)
(5)不動産賃貸業(アパートの舗装路面、フェンスなど)
(6)太陽光発電設備(家庭用10kw未満を除く)

申告先・問合せ:資産税課
【電話】224・1122

■20歳になった方の国民年金加入について
令和元年10月以降に20歳になった方へ、日本年金機構から、「国民年金(第1号被保険者)加入のお知らせ」が送付されます。同封されている「国民年金の加入と保険料のご案内」を読み、納め忘れがないようにしてください。
20歳になり、2週間を過ぎてもお知らせが届かない場合は、市の窓口で加入の手続きが必要です。
会社員や公務員とその被扶養配偶者は、厚生年金保険や共済組合など事務所を通じて加入の手続きをしますので、市への届出は必要ありません。
届出先:国保年金課、各出張所
※第1号被保険者で保険料の支払いが困難な場合は、免除や学生納付特例などの制度があります。また、就職・退職・結婚などにより加入種類が変わる場合には、そのつど勤務先や市役所への手続きが必要です。詳細は、お問合せください。

問合せ:
国保年金課【電話】232-9529
水戸北年金事務所【電話】231-2283

<<この記事についてアンケートにご協力ください。>>

広告

※広告は一般社団法人オープン・コーポレイツ・ジャパンが掲載しているものであり、広報紙を発行している自治体とは何ら関係ありません。

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル
協力 水戸市 〒310-8610 茨城県水戸市中央1丁目4番1号