ユーザー登録
文字サイズ

広報みと 令和2年2月15日号

いきいき健康 あんしん長寿

14/20

茨城県水戸市 クリエイティブ・コモンズ

■特殊詐欺に気をつけよう
▼高齢者が被害にあいやすい「特殊詐欺」とは
「特殊詐欺」とは、被害者に電話をかけるなどして対面することなく信頼させ、指定した預貯金口座への振込みなどにより、現金等をだまし取る犯罪の総称です。
近年、特殊詐欺は全国で多発しています。平成30年の被害総額は、報告があったものだけでも約383億円とされ、1日に1億円以上の被害が出ています。
被害者のうち高齢者の割合は、「オレオレ詐欺」では96.9%、「還付金等詐欺」では84.6%と高い数値になっており、多くの高齢者が被害にあっています。そのうち約80%の方が「自分は被害にあわないと思っていた」と回答しています。
大切な財産を守るためにも、詐欺の特徴を知り、日頃から気を付けることが大切です。

▼特殊詐欺の類型
◇オレオレ詐欺
親族等を装い電話をかけ、「俺だけど、至急お金が必要になり準備したが、そのお金を無くしてしまい困っている」と言って、現金をだまし取るなどの詐欺。

◇還付金等詐欺
市職員等を名乗り、税金や保険料などの「還付金があるので手続きを」と言ってATMを操作させ、口座間送金により振り込ませるなどの詐欺。
※他にも、キャッシュカードをだまし取ったり、架空の料金を請求して現金をだまし取ったりする詐欺があります。

▼被害を防ぐために
・家の電話を常に留守番電話にしておく
・家族と日頃からコミュニケーションをとっておく
・「電話番号が変わった」と言われたら、元の番号にかけてみる
・心当たりのない請求には応じない
・あやしい、と思ったら身近な人や警察総合相談(【電話】#9110)などにすぐに相談する

問合せ:地域支援センター
【電話】297-5903

<<この記事についてアンケートにご協力ください。>>

広告

※広告は一般社団法人オープン・コーポレイツ・ジャパンが掲載しているものであり、広報紙を発行している自治体とは何ら関係ありません。

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル
協力 水戸市 〒310-8610 茨城県水戸市中央1丁目4番1号