ユーザー登録
文字サイズ

広報みと 令和2年2月15日号

健康情報版(保健センターからのお知らせです)

19/20

茨城県水戸市 クリエイティブ・コモンズ

■3月は自殺予防月間
あなたの周りで落込んだ様子の人や、元気がない人はいませんか。心の不調に気づいたら、話を聞いたり、相談窓口を紹介したりしましょう。

◇こころの健康相談(臨床心理士による面談)
相談日時:第1・3金曜日、午後2時30分~4時45分(要予約)

申込・問合せ:こころの健康相談専用(【電話】243-5520)
※精神科などで治療中の方を除く。

◇いばらきこころのホットライン相談
日時:毎日、午前9時~正午、午後1時~4時
※祝日は休み。

専用電話:
【電話】244-0556(月~金曜日)
【電話】0120-236-556(土・日曜日)

◇茨城いのちの電話・水戸
相談日時:毎日、24時間
※毎月29日~月末と不定期で数日、午後10時~翌日午前8時の相談は休み。

専用電話:【電話】350-1000

◇いのちの電話相談
日時:毎月10日、午前8時~翌日午前8時

専用電話:【電話】0120-783-556

■不妊・不育症治療費助成事業
市では、不妊症・不育症に悩む夫婦の保険適用外の治療や検査の一部を助成しています(不妊治療については、県の助成事業にあわせて実施しています)。中核市移行に伴い、4月1日から申請窓口が一元化され、下表のとおり変わります。

不妊治療費:

不育治療費:

■高齢者肺炎球菌予防接種(定期接種)
この予防接種は、肺炎球菌による肺炎などの感染症を予防し、重症化を防ぎます。
対象:これまでに肺炎球菌の予防接種を受けたことがない次の方
(1)今年度、65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳、101歳以上となる方
(2)60歳以上65歳未満の方で、心臓、腎臓、呼吸器の機能またはヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能の障害を有する方
※今年度65歳になる方には、予防接種券と予診票を、その他の対象者には、案内通知を平成31年4月下旬に郵送しました。過去に接種したことがある方は、定期接種の対象とはなりません。
持ち物:
65歳の方…予防接種券、予診票、個人負担金
その他の対象者…案内通知、被保険者証、個人負担金
料金:接種費用(医療機関により異なる)から助成額(2000円)を差引いた額
※所得などの条件により、自己負担金が免除になる場合があります。詳細は、お問合せください。
接種期限:3月31日(火)まで
申込み:電話で、実施医療機関へ
※実施医療機関は、「健康づくりガイドブック・みと」または、市ホームページをご覧ください。

■みとちゃん健康マイレージ当選者決定
3つの健康目標を達成し応募すると、抽選で、賞品や特典が当たる「みとちゃん健康マイレージ」。市内40の企業・団体から賞品や特典を提供していただきました。
今年度は、健康づくりに励む1164名の皆さんから応募があり、当選した方には、2月上旬に通知を送付しています。
来年度も実施しますので、ぜひ参加してください。詳細は、今後「広報みと」でお知らせします。

■感染症に注意しましょう
中国の武漢市を中心に、令和元年12月以降、新型コロナウイルス感染症が発生しています。
予防するためには、風邪や季節性インフルエンザ対策と同様に、咳エチケットや手洗いなどを徹底することが重要です。また、部屋の湿度を適度(50~60%)に保ち、十分な睡眠とバランスの良い食事を心がけ、免疫力を高めましょう。
新型コロナウイルス関連の最新情報は、厚生労働省ホームページ(【URL】https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html)をご覧ください。

問合せ:
保健センター【住所】〒311-4141赤塚1-1(ミオス1階)【電話】243-7311【FAX】244-0157
常澄保健センター(大場町)【電話】269-5285
内原保健センター(内原町)【電話】259-6411

<<この記事についてアンケートにご協力ください。>>

広告

※広告は一般社団法人オープン・コーポレイツ・ジャパンが掲載しているものであり、広報紙を発行している自治体とは何ら関係ありません。

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル
協力 水戸市 〒310-8610 茨城県水戸市中央1丁目4番1号