ユーザー登録
文字サイズ

水戸市職員の給与等を公表します(1)

4/21

茨城県水戸市 クリエイティブ・コモンズ

地方公務員の給与は、地方自治法や地方公務員法などの法律で定められており、その額や支給方法などは、各自治体が条例で定めることになっています。
市では、「水戸市職員の給与に関する条例」に基づき、給与が定められています。詳細は、市ホームページをご覧になるか、お問合せください。

■職員給与・定数に関する状況と取組
市では、行財政改革のため、人件費に関しては、次のような取組を行っています。
1.職員定数を、平成18年度から平成29年度までの11年間で225人を削減し、定数の適正化に取組みました。
2.平成19年度から、給料月額を引下げるとともに、民間賃金水準を考慮した地域手当を支給し、給料月額を補正する給与構造改革を実施しました。また、平成27年度には、国における給与制度の総合的な見直しを踏まえ、給料表の水準の引下げを実施しました。
3.市独自の取組として、平成17年4月から、市長、副市長など、常勤の特別職の給料減額と一般職の管理職手当の減額を行っています。これにより、平成29年度予算で約870万円の削減となります

■職員の給料水準の状況
諸手当を含まない給料月額水準について、国家公務員と水戸市職員を比較すると、平成28年度では、国を100とした場合、水戸市は100.1となり、おおむね国と同水準となっています。
例:ラスパイレス指数に基づく国家公務員と水戸市職員の給料支給額(月額)の比較(国の給料月額を30万円とした場合の比較)

■人件費の状況
(平成28年度 普通会計決算)
歳出額:1,129億9,996万9,000円
人件費:169億2,653万4,000円
人件費率:15.0%(平成27年度は17.1%)
※人件費には、特別職や嘱託員などの非常勤職員に支給される給料、報酬などを含みます。
※普通会計とは、地方公共団体間での比較分析が可能となるよう、全国で統一的に統計上用いられる会計です。

■一般職の職員給与費の状況
(平成28年度 普通会計決算)
職員数:1,787人
給与総額:110億5,453万9,000円
内訳
給料:63億8,207万3,000円
職員手当:20億 859万1,000円
期末・勤勉手当:26億6,387万5,000円
一人あたりの平均給与:618万6,000円/年
※ 職員手当は、期末・勤勉手当及び退職手当を除く諸手当の合計額です。なお、一人あたりの平均給与は、所得税や社会保険料などを差引く前の総支給金額です。

■職員の平均給料月給など
(平成29年4月1日現在)

※ 一般行政職は、保健師・保育士・消防職などの専門職を除いた、一般的な事務職員です。
※ 技能労務職は、清掃員・給食調理員などの労務を行う職員です。

■職員の初任給の状況
(平成29年4月1日現在)

■職員の経験年数別・学歴別平均給料月額の状況
(平成29年4月1日現在)

■一般行政職の級別職員数の状況
(平成29年4月1日現在)

※ 平成29年4月1日現在の全職員数2,034人から、専門職などに該当する職種の職員963人を除くと、一般行政職の職員数は1,071人となります。

 

<<この記事についてアンケートにご協力ください。>>

広告

※広告は一般社団法人オープン・コーポレイツ・ジャパンが掲載しているものであり、広報紙を発行している自治体とは何ら関係ありません。

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル
協力 水戸市 〒310-8610 茨城県水戸市中央1丁目4番1号