ユーザー登録
文字サイズ

後期高齢者医療保険料の軽減判定・割合が変わります

4/34

茨城県水戸市 クリエイティブ・コモンズ

問合せ/国保年金課(TEL232-9528)

後期高齢者医療保険料は、被保険者全員が負担する「均等割額」と被保険者ごとの所得に応じて負担する「所得割額」を合わせた金額です。
所得の少ない方(世帯)や、後期高齢者医療制度に加入する前に、会社などの健康保険(被用者保険)の被保険者であった方は、基準に応じて保険料が軽減されます。
平成29年度は、次のとおり軽減判定と軽減割合が変更となります(表の太字と文中【 】が変更点)。

◆均等割額の軽減

◆所得割額の軽減
基礎控除後の総所得金額等が58万円以下(年金収入のみの方は、年金収入211万円以下)の場合は、所得割額が【2割軽減】されます。

◆加入前に被用者保険の被扶養者であった方の保険料の軽減
均等割額が【7割軽減】され、所得割額の負担はありません(軽減後の年間保険料【11,800円】)。

<<この記事についてアンケートにご協力ください。>>

広告

※広告は一般社団法人オープン・コーポレイツ・ジャパンが掲載しているものであり、広報紙を発行している自治体とは何ら関係ありません。

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル
協力 水戸市 〒310-8610 茨城県水戸市中央1丁目4番1号