ユーザー登録
文字サイズ

明治維新、その先へ

17/19

茨城県水戸市 クリエイティブ・コモンズ

水戸が〝天下の魁〟と呼ばれたのには理由がある ~過去を振り返り、未来を考える~

■其の八 歴史アニメーション「徳川斉昭と弘道館物語」

水戸市において、学校教育での活用を目的に昨年度から制作を進めてきた、明治維新150年記念歴史アニメーション「徳川斉昭と弘道館物語〜学びが人を創り人が道をつくる〜」が、10月に完成しました。市がアニメを制作するのは初めてです。
制作にあたっては、アニメの映像やデザインなどに実績のある市内企業を結集したチームを構成したほか、声優についても、テレビアニメ「ちびまる子ちゃん」の丸尾君役を務める水戸出身の飛田展男さんなど、茨城県出身の方にこだわって出演していただきました。
物語では、三の丸小学校5年生の少年と少女が150年前の水戸へタイムスリップ。水戸藩第9代藩主・徳川斉昭と七郎麿(後の徳川慶喜)と出会い、弘道館と偕楽園を舞台に、弘道館建学の精神や偕楽園創設の思想など、明治維新にいたる歴史において大きな役割を果たした水戸の先人たちの精神を学ぶ内容となっています。
アニメの後には、市が現在、弘道館・水戸城跡周辺地区で進めている、歴史的景観形成の取組を、景観形成前と景観形成後を実写で比較して学べる映像も付いています。
このアニメは、市公式YouTu be や、市ホームページなどで公開するほか、閲覧用のDVDを市内の小中学校や各市民センター、各市立図書館に設置します。ぜひご覧ください。

◆上映会を開催しました
明治改元の詔書が出された10月23日は、「明治改元の日」。アニメの完成を記念して、アニメの舞台となった、かつての弘道館の敷地内に建つ三の丸小学校の体育館で、上映会を開催しました。
アニメを鑑賞した児童は「弘道館や偕楽園の由来が分かりやすかった。続編も見たい」「三の丸小学校周辺のことが身近に感じられた」と話していました。

◆YouTubeで公開しています
アニメのダイジェスト版と本編を、市公式YouTubeで公開しています。
ダイジェスト(約6分)
本編(約20分)

問合せ:
歴史文化財課(【電話】306・8132)
政策企画課(【電話】350・1580)

<<この記事についてアンケートにご協力ください。>>

広告

※広告は一般社団法人オープン・コーポレイツ・ジャパンが掲載しているものであり、広報紙を発行している自治体とは何ら関係ありません。

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル
協力 水戸市 〒310-8610 茨城県水戸市中央1丁目4番1号