ユーザー登録
文字サイズ

特集 笑顔と元気を届けます!1

1/19

茨城県水戸市 クリエイティブ・コモンズ

11月11日は「介護の日」。今回の特集では、介護の現場で働く方々を紹介します。
「体力的にきつそう」「労働時間が長い」などのマイナスイメージがあると言われている介護の仕事。実際に現場で働く皆さんが話してくれたのは、大変さや苦労だけではなく、その中で見つけたやりがいや楽しさなど、前向きで元気な言葉と、介護の仕事への深い思いでした。

■超高齢社会で輝くひとに!暮らしを支える 介護の仕事
◇介護を必要とする人が増えています
「介護」は今、私たちの暮らしと切り離せないテーマになっています。
水戸市の65歳以上の高齢者人口の割合(高齢化率)は26・1%(2017年)。4人に1人が高齢者となっており、高齢者単身の世帯や、高齢者のみの夫婦の世帯も増えています。
市内の介護を必要とする人(要支援・要介護認定者)の数も年々増加(下表1)。その本人が単身か夫婦のみの世帯は、介護を必要とする人がいる世帯のうちの約半数に上ります(下表2)。

◇誰にとっても身近な介護の仕事
このような状況を支える介護の仕事は、今後さらに身近な存在になっていきます。
介護の仕事には、高齢者の皆さんが利用する施設や自宅などで食事、着替え、車いすでの移動、入浴、トイレなどの手伝いをすることや、散歩、買い物、レクリエーションなどの補助があります。日常生活のさまざまな面でサポートを行うほか、本人や家族にアドバイスを行ったり、相談にのったりします。
介護の仕事は、人の体も心も支える、大切な仕事です。

(表1) 第1号被保険者数、要支援・要介護認定者数及び認定率の推移(水戸市介護保険課、2017年)

(表2)要介護等認定者の世帯類型(在宅介護実態調査、水戸市、2016年)

<<この記事についてアンケートにご協力ください。>>

広告

※広告は一般社団法人オープン・コーポレイツ・ジャパンが掲載しているものであり、広報紙を発行している自治体とは何ら関係ありません。

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル
協力 水戸市 〒310-8610 茨城県水戸市中央1丁目4番1号