ユーザー登録
文字サイズ

森のシェーブル館 チーズ紀行

15/19

茨城県水戸市 クリエイティブ・コモンズ

■vol.9 カチョカヴァロ

カチョカヴァロは、南イタリアが発祥のチーズです。熱湯の中で練り上げたカード(チーズの素)を丸く成形し、紐をくくりつけ約2週間ぶら下げた状態で熟成させて作ります。こうすることで、ひょうたんや雪だるまのような、かわいらしい丸い形が生まれます。イタリア語で、「カチョ」はチーズを、「カヴァロ」は馬を意味します。馬の背中にぶら下げて運んだことから、この名前が付いたという説もあるそうです。
カチョカヴァロを少し厚めに切って両面を焼くと、外はカリッと香ばしく、中はとろけた状態になり、旨みが際立ちます。パンにのせて、トーストするのもおすすめです。どちらも手軽に味わうことができるので、ぜひ試してみてください。
森のシェーブル館でカチョカヴァロの販売を始めたのは、2013年。その年に開催された、ALL JAPAN ナチュラルチーズコンテストで優秀賞を受賞したほか、Japan Cheese Awardでは、2014年に続き2018年も銀賞を受賞しています。全国規模で開催されるコンテストは、他のチーズ工房との情報交換など、技術の向上につながる貴重な機会です。これからも技術を磨き、おいしいチーズをお届けします。

森のシェーブル館(森林公園内)
営業時間:9:00~16:30
定休日:月曜日 ※祝日の場合は翌日。
問合せ:【電話】255-1482
【URL】http://www.chevre-kan.com

<<この記事についてアンケートにご協力ください。>>

広告

※広告は一般社団法人オープン・コーポレイツ・ジャパンが掲載しているものであり、広報紙を発行している自治体とは何ら関係ありません。

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル
協力 水戸市 〒310-8610 茨城県水戸市中央1丁目4番1号