ユーザー登録
文字サイズ

ちょっと寄り道してみませんか♪まちなかの室内公園

3/15

茨城県水戸市 クリエイティブ・コモンズ

私たちのまちには”室内公園”があることをご存じですか。市子育て支援・多世代交流センター「わんぱーく・みと」「はみんぐぱーく・みと」は、誰でも利用することのできる場所。子育ての拠点でありながら、子どもから高齢者まで、世代を超えて交流できる、いわば”室内公園”と呼べる施設です。

■開館10周年・5周年を迎えました
市大町子育て支援・多世代交流センター「わんぱーく・みと」は平成19年、市本町子育て支援・多世代交流センター「はみんぐぱーく・みと」は平成24年に開館。平成24年度からは、市シルバー人材センターが管理運営を行っています。それぞれ開館以来多くの方に利用され、来館者数は平成30年1月末現在で、延べ76万2千人を超えました。
両施設には、広い遊び場のほか、授乳室や相談室、多世代交流サロン、飲食ができるスペースなどがあります。また、両施設とも、保健師や看護師による育児相談や、保育士による一時預かりを行っています。

■子育て中の方だけでなくどなたでも利用できます
「子育て中の方が使う施設と思われることが多いのですが、ここは公園のように、誰でも利用できます。多世代交流会などに高齢者が参加することもあれば、小学生が勉強や読書のために利用することもあります」と話すのは、わんぱーく・みとの桐原由紀恵施設長。
「関西や海外など、遠方に住んでいる方が帰省した際に立ち寄ることもあります。夏休みなどには、私たちスタッフも、利用者との再会を楽しみにしているんです」。年齢や住んでいる場所を問わず利用できるのが最大の特長です。
はみんぐぱーく・みとの會澤由紀子施設長は「小さい頃に利用していた子が、小学生になって友だちと来ることもあるんです」と話します。「大きくなってからも来てくれるのはうれしいですね」と笑顔。利用者をやさしく見守るスタッフの存在も、親しまれる理由の一つです。

■講座やイベントが充実
施設では、子育て講座や季節ごとのイベントなど、多くの企画を実施しています。料理や体操、音楽など、その分野はさまざま。「世代別」「幼稚園入園を迎える方」「外国人」など、テーマ別に行うおしゃべり会「ママトーーク!」も人気の催しの一つです。
これらの講座を支えているのは、「子育て支援パートナー」の皆さん。子育て支援パートナーとは、講師や託児ボランティアのことで、個人や団体など100名以上が登録しています。お子さんがいる場合は、託児ボランティアの皆さんによる見守りもあるため、保護者の方も安心して講座を受けることができます。
さまざまな用途で利用できる、まちなかの室内公園。ちょっと休憩したいとき、遊んだり本を読んだりしたいときなど、気軽に立ち寄ってみてください。

■どんな催しがあるのかな?
誕生会・季節の行事:毎月誕生会を開催。また、七夕やクリスマス、地域の商店街と連携したハロウィンイベントなども行っています。
多世代交流会:手遊びや読み聞かせ、演奏会など、テーマを替えて、毎月開催。誰でも気軽に参加できます。
講座:食事や家計、リトミックなどの子育て講座のほか、ヨガやハンドマッサージなどの講座も行っています。
予定表をチェックしてみよう 【URL】https://www.kosodate-mito.com

■聞いてみよう!利用者の声
施設を利用している方に、利用のきっかけや施設内の雰囲気をインタビューしました。また、これまでに行われた催しの様子を紹介します。
水戸市YouTubeチャンネルからは、施設の様子を動画で見ることができます♪

◎大森さん親子(お子さん10か月)
初め、市外に住んでいても利用できると聞いて設備がきれいで過ごしやすい。て来てみましたでもお母さんが多いので。ぜひまた来たいです、もっとお父さんが来ているといいな(笑)
◎武田さん(グランパグランマバンド)
2年ほど多世代交流会で演奏しています来てくれたみんなも歌ったり踊ったりしてくれるから。とおした交流は楽しいんですよね。
◎島村さん親子(お子さん3歳、1歳2か月)
私は週末、妻は平日も週末も利用しています。一時預かりも利用しているので、子どもたちは週に4~5日来ていますね。絵本もあるし、遊戯室ではのびのび遊べるのが良いです。
◎熊原さん親子(お子さん1歳1か月)
水戸に来て2年。初めて入ったときは緊張しましたが、スタッフの皆さんもやさしくて、よく利用するようになりました。子どもが音楽を聴くと喜ぶので、多世代交流会やリトミックがあるときにはできる限り参加しています。核家族なので、多世代交流会に来ておじいちゃんおばあちゃんと交流できるのがうれしいです。
◎磯部さん、柴田さん(水戸二高JRC部)
週に1回来て、子どもたちと遊んでいます。子どもたちの笑顔や泣き顔、予想外の動きがかわいい!いつも癒やされています。
・歯みがき講座
・おもちゃがいっぱい♪
・ミュージックケア
・いつも保育士がいます♪
・10周年・5周年記念の感謝のつどいでは、いもほり体験をしました♪
平成29年度の「広報みと」毎月15日号「すくすくけいじばん」で、これまでの講座の様子を掲載しています。バックナンバーは、市ホームページなどで見ることができます

■利用登録(無料)は簡単!
「わんぱーく・みと」
場所:大町3-4-30
開館時間:午前8時30分~午後5時15分
休館日:月曜日、祝日
□育児相談(保健師)
日時:火~土曜日、午前10時~午後3時
問合せ:【電話】303-1515

「はみんぐぱーく・みと」
場所:本町1-8-2
開館時間:午前8時30分~午後5時15分
休館日:金曜日、祝日
□育児相談(看護師)
日 時:月~木曜日、午前10時~午後3時
問合せ:【電話】302-3662
※ 一時預かりの対象や料金など、詳細は、お問合せください。
どちらか一方で登録すれば、両方の施設を利用できます。分からないことや困ったことがあったときには、スタッフがサポートします!まずは気軽にお越しください♪

問合せ:子ども課(【電話】232・9176)

<<この記事についてアンケートにご協力ください。>>

広告

※広告は一般社団法人オープン・コーポレイツ・ジャパンが掲載しているものであり、広報紙を発行している自治体とは何ら関係ありません。

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル
協力 水戸市 〒310-8610 茨城県水戸市中央1丁目4番1号