ユーザー登録
文字サイズ

特集 持続可能な魁(さきがけ)のまち・水戸を目指して 2

2/20

茨城県水戸市 クリエイティブ・コモンズ

■2 市民力・地域力によるまちづくり
課題の解決、目標の達成に向かって、市民と行政がともに考え、知恵を出し合う、思考力の高いまちを創造します。
◇市民とのパートナーシップの構築
市民一人一人の幸福度を高め、生活の質の向上を図っていくためには、まちに暮らす「人」が、地域やまち全体の課題、目標を共有し、主体的にまちづくりに参加・参画していくことこそが大切です。課題の解決、目標の達成に向かって、市民と行政がともに考え、活動する力は、躍動感あふれるまちへの原動力になると確信しています。
私は、中核市移行による行政機能や権限の強化・拡大と同時に、市民と行政がともに知恵を出し合う、思考力の高いまちを創造したいと考えています。
そのため、市民、地域の活動拠点となる市民センターの整備や機能の充実を計画的に進めていくことはもちろん、地域の主体的な活動を支援するほか、さまざまな団体間における連携促進を図っていきます。あわせて、特色ある活動内容などの情報提供を行うとともに、地域を支えるリーダーづくりにも意欲的に取組んでいきます。
また、政策形成過程において、多様な市民参加の手法を取入れるほか、市民・行政相互に情報の提供ができる機会の充実を図り、市民と行政とのパートナーシップの構築に努めます。

◇スポーツによるまちづくりの推進
近年、スポーツが果たす役割は、健康増進や競技力の向上にとどまらず、地域社会の再生や地域経済の活力創造にも寄与するものと期待されています。本市においても、スポーツを生かしたまちづくりを積極的に推進しているところです。
これまで、既存体育施設の機能強化や東町運動公園新体育館の整備、大規模大会などの誘致に意欲的に取組むほか、水戸黄門漫遊マラソンを開催するなど、ハード・ソフトの両面からスポーツコンベンションに力を入れてきました。
そして、昨年5月には官民連携により、まちなか・スポーツ・にぎわい広場を開設したところです。引続き、市民をはじめ、関係機関やプロスポーツ団体、大学などとの連携により、スポーツによるまちづくりを推進します。そして、子どもたちに夢と希望を与えるだけでなく、幅広い世代にわたり、スポーツへの参加意識や関心を高め、スポーツ文化の振興を図っていきます。
私は、さまざまな分野にわたる市民と行政との協働を深め、市民力・地域力によるまちづくりを推し進めていきます。

■3 水戸市第6次総合計画ーみと魁プランーの推進
まちの発展を担い、支える人づくり、子育て支援をはじめ、医療、介護などの市民生活の基盤づくりに、より一層主眼を置いたまちづくりを進めていきます。
◇2期目の集大成として
平成30年度は、市長2期目の最終年度となります。これまで、市民が安全で安心できる暮らしの実現のため、震災からの復興や4大プロジェクト(市役所新庁舎、新ごみ処理施設、東町運動公園新体育館、新市民会館)などに取組むとともに、市民負担の軽減に努めながら、幅広い分野にわたり、市民福祉の向上に資する取組を意欲的に展開してきました。
私は、2期目の集大成として、これまでの取組を前進させていくことを基本としながらも、まちの発展を担い、支える人づくり、さらには、子育て支援をはじめ、医療、介護などの市民生活の基盤づくりに、より一層主眼を置いたまちづくりを進めていきたいと考えています。
そのためにも、みと魁プランを着実に推進し、公約はもとより、4つの重点プロジェクトで掲げた目標の達成に向け、強い気概を持ち、全庁一丸となって取組んでいきます。
「未来への投資プロジェクト」については、安心して生み育てることができる環境づくりはもちろん、特に教育に力を注ぎます。水戸スタイルの教育をこれまで以上に充実させ、「学問の府」として近代日本の先駆けとなったまちとしての誇りを、未来をリードする子どもたちに受け継いでいきます。そして、社会を構成し、運営する自立した一人の人間として生きていくための総合的な力、人間力を育みます。
災害に強いまちづくり、観光集客力アップ、まちなかにぎわい・活力創造のそれぞれのプロジェクトについても、実効性ある取組を展開し、確実な結果を導き出していきます。
4大プロジェクトについては、市役所新庁舎、新ごみ処理施設、東町運動公園新体育館の供用開始に向け、整備を進めているところであり、新市民会館についても、早期の完成を目指し、精一杯努力していきます。

◇市制施行130周年に向けて
来年、水戸市は市制施行130周年の節目の年を迎えます。本市は、日本で最初に市制を施行した全国31市の一つとして、風格ある歴史をはじめ、伝統や芸術・文化、豊かな自然などの魅力を生かし、先人たちの努力によって大きく飛躍してきました。水戸のまちが築き上げられてきた重みを改めて心に刻み、すべての市民が、10年、20年先へと明るい展望を描けるまちを目指します。
私は、市民力、地域力とともに、子どもたちの未来を切り拓ひらく力を大切に育みながら、時代のあらゆる変化に柔軟に対応できる持続可能なまち、市民が安全と安心を肌で感じることのできる魁のまち・水戸の実現に全力を尽くします。

<<この記事についてアンケートにご協力ください。>>

広告

※広告は一般社団法人オープン・コーポレイツ・ジャパンが掲載しているものであり、広報紙を発行している自治体とは何ら関係ありません。

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル
協力 水戸市 〒310-8610 茨城県水戸市中央1丁目4番1号