ユーザー登録
文字サイズ

広報みと 平成31年1月1日号

森のシェーブル館 チーズ紀行

14/17

茨城県水戸市 クリエイティブ・コモンズ

■vol.10 ストリングチーズ

チーズの本場はヨーロッパというイメージがありますが、ストリングチーズは日本生まれのチーズです。35年前に、山梨県の小淵沢にある雪印メグミルクチーズ研究所で誕生しました。森のシェーブル館では、2013年から販売をしています。
ストリングチーズは、熱いお湯の中で練ったカード(チーズの素)を引っ張り、細長く伸ばす作業を何度も繰返し、塩水に浸けて作ります。細長く伸ばす作業を繰返すことで、裂くと繊維状になるこのチーズの特性が生まれます。
シコシコとした食感と、牛乳の味わいがあり、そのまま食べるのはもちろん、カレーやピザのトッピングにしてもおいしいです。黒胡椒(こしょう)などをふりかければ、お酒のおつまみにもなります。
森のシェーブル館のストリングチーズは、森林公園にある恐竜模型の骨に見立てて太めに作っています。太くすることで、チーズを裂く楽しさも増し、特に子どもに人気のある商品になっています。
シェーブル館では、ストリングチーズづくり教室を開催しています。教室の日程は、今後の「広報みと」や当館ホームページなどでお知らせします。引っ張って細長く伸ばす作業を体験してみませんか。

森のシェーブル館(森林公園内)
営業時間:9:00~16:30
定休日:月曜日 ※祝日の場合は翌日。
問合せ:【電話】255-1482
【URL】http://www.chevre-kan.com

<<この記事についてアンケートにご協力ください。>>

広告

※広告は一般社団法人オープン・コーポレイツ・ジャパンが掲載しているものであり、広報紙を発行している自治体とは何ら関係ありません。

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル
協力 水戸市 〒310-8610 茨城県水戸市中央1丁目4番1号