ユーザー登録
文字サイズ

広報みと 平成31年2月15日号

水戸市植物公園 温室・植物物語

16/22

茨城県水戸市 クリエイティブ・コモンズ

■第6話 植物公園ならではの面白い植物~ハランアナナス(葉蘭アナナス)~
今から約25年前、熱帯植物に詳しい方が植物公園に来たときに、「他の植物園ではあまり見られない珍しい植物だから、大切にしたほうがいいですよ」とアドバイスを受けた植物は、ハランアナナス(Pitcairnia coralline)です。パイナップル科ピトカイルニア属で、コロンビアからペルーにかけて分布しています。
立木の肌や岩などに付いて成長する着生種で、とげのある葉が群生し、根元から這(は)い出すように、赤い花序が長く伸びます。植物自体が大きくて地味なので、観葉植物としてあまり流通していません。水戸市植物公園ならではの、おもしろい植物と言えるでしょう。
大温室内では、滝に向かうT字路の植え込みで、今年も赤いつぼみが地面すれすれのところから顔を出しています。まだつぼみは固く、開花までに少し時間がかかりそうなので、開花している鉢植えのハランアナナスを大温室入口付近に展示しています。そちらもぜひ、ご覧ください。
この連載も最後となりました。ご愛読いただいた皆様に、温室植物に興味を持っていただけたら幸いです。ありがとうございました。

植物公園園長 西川綾子

<<この記事についてアンケートにご協力ください。>>

広告

※広告は一般社団法人オープン・コーポレイツ・ジャパンが掲載しているものであり、広報紙を発行している自治体とは何ら関係ありません。

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル
協力 水戸市 〒310-8610 茨城県水戸市中央1丁目4番1号