ユーザー登録
文字サイズ

広報みと 平成31年3月1日号

情報ガイド [プラス] 文化・教養・スポーツ

7/17

茨城県水戸市 クリエイティブ・コモンズ

■「八幡宮の大ケヤキ」を市指定文化財に指定しました
「八幡宮の大ケヤキ」は、徳川斉昭(烈公(れっこう))が参拝の際に、涼をとった場所といわれる「烈公御涼所(れっこうおすずみしょ)」にあり、大切に管理されています。樹齢は約400年で、八幡宮が那珂西(城里町)から現在地に再遷座する前から植生していたと考えられています。
樹高は約30m、幹周りは5.75mで樹勢も良好です。市内にあるケヤキでは、最も樹高が高く、樹齢や幹周りも最上級で、水戸を代表するケヤキです。
このことから、市指定文化財に指定し、重点的に保護します。
指定日:2月8日(金)
場所:水戸八幡宮境内(八幡町8-54)

問合せ:歴史文化財課
【電話】306-8132

<<この記事についてアンケートにご協力ください。>>

広告

※広告は一般社団法人オープン・コーポレイツ・ジャパンが掲載しているものであり、広報紙を発行している自治体とは何ら関係ありません。

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル
協力 水戸市 〒310-8610 茨城県水戸市中央1丁目4番1号