ユーザー登録
文字サイズ

広報みと 平成31年3月15日号

これからの「ちょっと先の未来」を考えよう(最終回)

14/21

茨城県水戸市 クリエイティブ・コモンズ

最近、AI(人工知能)といった単語をよく耳にします。お掃除ロボットや感情を表す家庭用のロボットのほか、車の自動運転などにも組込まれ、身近な存在となりつつあるAI。毎日のように関連するニュースが取上げられ、世の中の関心の高さがうかがえます。
市でも、民間企業との連携により、職員が日常的に利用する財務会計システムにAIを取込み、会計業務の効率化や正確性を確保するための共同研究を行っています。この研究では、最新技術を理解し、ツール(道具)として活用するための技術力を向上させることで、AIを活用した新たな市役所のあり方を考えることができる職員を育成することにも取組んでいます。
さて、この連載も今回で最終回となりました。これまで、スマートフォンとその利用の仕方やセキュリティ対策、茨城大学の学生との連携による未来の人材づくり、そして民間企業との共同研究について取上げてきました。人間が技術とどう向き合うか、そして人間のためにどう利用するか ―。AIと関わるどんな場面においても、「人間からの視点」で考えることが大切になってきます。技術革新にゴールはありません。AIが人間を超える「シンギュラリティ(技術的特異点)」が訪れると言われている今の時代だからこそ、いかに先進技術と向き合うかを考えていくことが必要です。この過渡期を見据えるきっかけになればと、「ちょっと先」を考えるさまざまな取組を紹介してきました。
まずは人間からの視点を磨くことを大切にしながら、ICTの活用を進めるとともに、これまで紹介してきた「ちょっと先の未来」を積み重ねて、これからも市民の皆さんと新しい市役所のあり方を考えていきます。

問合せ:情報政策課
【電話】297・5885

<<この記事についてアンケートにご協力ください。>>

広告

※広告は一般社団法人オープン・コーポレイツ・ジャパンが掲載しているものであり、広報紙を発行している自治体とは何ら関係ありません。

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル
協力 水戸市 〒310-8610 茨城県水戸市中央1丁目4番1号