ユーザー登録
文字サイズ

特集 魁(さきがけ)のまち・水戸を目指して 2

3/20

茨城県水戸市 クリエイティブ・コモンズ

■魁のまちづくり重点プロジェクト
「魁のまち・水戸」を実現していくため、水戸ならではの特徴を生かし、個性と魅力、そして、都市力を高めていくうえで効果の高い政策・施策への重点化を図ることとし、重点プロジェクトを定めています。
重点プロジェクトは、4つのプロジェクトを位置付け、横断的な推進体制のもと、優先的かつ集中的に取組み、おおむね5年以内(2018年度まで)に一定の成果を上げることを目指します。
※ 主な戦略的な取組のうち、青字は2018年度までに完成予定の事業です。

◆Project1将来の水戸を担う子どもたちを育む未来への投資プロジェクト
主な目標指標:

主な戦略的な取組:
(1)安心して子どもを生み育てることができるよう、子育てを応援します
・市民センター子育て広場の拡充(新設4か所)
・ 開放学級施設の整備(新設2か所、拡充2か所)
・ 医療機関開設支援、修学資金支援制度の創設など
(2)さまざまな分野でリーダーとなり、活躍する人材を育成します
・ 水戸スタイルの教育の推進(まごころプラン、さきがけプラン、ふれあいプラン)
・ 中学校への空調設備の設置
・ スポーツ施設の整備(市民球場の再整備、新たなスポーツコンベンション型体育館(東町運動公園新体育館)の整備)など

◆Project2安全・安心を実感できる災害に強いまちづくりプロジェクト
主な目標指標:

主な戦略的な取組:
(1)災害の予防や減災に向けて、防災拠点やライフラインなどの機能強化を図ります
・総合防災拠点(本庁舎防災センター)の整備
・南消防署の移転改築
・耐震型循環式飲料水貯水槽の整備(2基)
・ 備蓄計画に基づく備蓄物資・資機材等の配備など
(2)災害に備えた人や組織、情報のつながりを強化します
・ 防災情報伝達システムの整備(防災行政無線の再整備など)
・ 防災訓練・講座参加者の拡充(約1万5,000人)
・ 小・中学校の全校全学年における防災教育の実施
・災害時要配慮者支援体制の充実など

◆Project3水戸の自然、歴史、文化の魅力を生かした観光集客力アッププロジェクト
主な目標指標:

主な戦略的な取組:
(1)観光資源を磨き上げ、来て、見て楽しめる魅力ある観光拠点の形成を図ります
・ 偕楽園公園(千波公園など)の整備(ふれあい広場など)
・弘道館・水戸城跡周辺地区における歴史まちづくり(大手門、二の丸角すみやぐら櫓、土塀の整備など)
・ 保和苑(ロマンチックゾーン)周辺、七ツ洞公園(英国式庭園)の整備
・植物公園、森林公園の再整備
・ 水戸芸術館を中心とした文化の拠点づくりなど
(2)まちの魅力を発信し、来訪者を温かく迎える意識を醸成します
・海外への情報発信の強化
・フィルムコミッションの充実
・ 優良タクシー乗務員の認定
・ おもてなしマイスターの育成、認定など

◆Project4人が集い、地域経済の活性化をリードするまちなかにぎわい・活力創造プロジェクト
主な目標指標:

主な戦略的な取組;
(1)商業・業務の新規立地、まちなか居住を誘導し、都市
中枢機能の集積を図ります
・空き店舗対策助成制度の活用促進
・ 企業誘致コーディネーターを活用した誘致活動の推進、企業向けPRの強化
・ 創業支援事業計画に基づくサポート体制の強化
・コワーキングスペースの運営
・子育て世帯の住みかえ支援、共同住宅の整備促進 など
(2)まちの新たな魅力を創出し、にぎわいあふれるまちとしての再生を図ります
・水戸黄門漫遊マラソンの開催
・ まちなか・スポーツ・にぎわい広場(M-SPO(エムスポ))などを活用したイベントの開催
・新市民会館の整備
・ 歩いて楽しめる道路空間整備の推進(水戸駅南口地区、南町地区など)
・ 水戸まちなかリノベーション事業の推進など

<<この記事についてアンケートにご協力ください。>>

広告

※広告は一般社団法人オープン・コーポレイツ・ジャパンが掲載しているものであり、広報紙を発行している自治体とは何ら関係ありません。

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル
協力 水戸市 〒310-8610 茨城県水戸市中央1丁目4番1号