ユーザー登録
文字サイズ

もっと食べよう!水戸の納豆

問合せ観光課(TEL 232-9189)

全国5位―。
「水戸といえば納豆」といわれるほど、納豆は水戸の特産物。しかし、平成27年の総務省家計調査で、一世帯あたりの納豆の支出金額は全国5位
でした。

栄 養価の高い納豆
納豆には、たんぱく質やビタミンB群などがたくさん含まれています。特に、ビタミンB1は、疲労回復や夏バテ予防に効果があるため、これからの季節にはピッタリ。また、カルシウムやビタミンB2、ビタミンEは、骨粗しょう症の予防や手足の冷え防止などの、心強い味方になってくれます。
さらに、納豆に含まれる「納豆キナーゼ」は、納豆菌がつくる酵素で、血液を固まりにくくする作用があるといわれています。
このように、栄養が豊富な納豆は、毎日の食事に取入れたい一品です。

7 月10日は「納豆の日」
市内には、納豆の製造メーカーが複数あります。全国納豆鑑評会で受賞した納豆をはじめ、それぞれ味や質にこだわった商品が販売されています。
いつもと同じ納豆はもちろん、違う種類や食べ方で、納豆を楽しんでみてはいかがでしょうか。問合せ

総務省家計調査 納豆の支出金額順位の推移
image_6

県納豆商工業協同組合理事長 高野正巳さん
支出金額が全国5位になったことで話題にはなりましたが、順位が下がってしまったことは残念です。1位の福島市は、ご飯にかけて食べるだけではなく、夕食に納豆料理を作って食べているそうです。「水戸といえば納豆」といわれているくらいなので、やはり1位を目指したいですね。
若い方は特に、納豆を食べる機会が少ないかもしれませんが、納豆料理にも挑戦して、納豆をたくさん食べてほしいです。

●いばらきの納豆まつり
7月9日(土) 10:00~16:00※荒天中止。
場所 水戸駅南口ペデストリアンデッキ

水戸市×千葉県共同PR企画
▼ 納豆食堂
茨城県産納豆と千葉県産海苔のコラボレーションで、納豆巻きを300食限定で提供!(100円以上の募金をした方)

▼ステージイベント
ジャズバンドの演奏やダンスなどが楽しめます。みとちゃんと、千葉県マスコットキャラクター「チーバくん」も登場します!

広告

※広告は一般社団法人オープン・コーポレイツ・ジャパンが掲載しているものであり、広報紙を発行している自治体とは何ら関係ありません。

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル
協力 水戸市 〒310-8610 茨城県水戸市中央1丁目4番1号