ユーザー登録
文字サイズ

すくすくけいじばん

10/14

茨城県水戸市 クリエイティブ・コモンズ

第4回 本に親しむ ―おはなし会 読み聞かせ― in はみんぐぱーく・みと
▼雰囲気づくりで親しみやすく
皆さんは、家で子どもと本を読んでいますか。今回アドバイスをくれたのは、はみんぐぱーく・みとの保育士。「スマートフォンやテレビを消して、本を読む雰囲気をつくることが大切」と話します。色や声、言葉のリズムなどから、絵本のイメージが膨らみます。
▼自由に楽しみながら
「家で読み聞かせをするときは、特別な技術よりも心を込めて読むことが大切。上手に読めなくても大丈夫」と保育士の皆さんはアドバイス。
「家では自由に、子どもが喜ぶ本を読んであげることが一番。読み聞かせをとおして、親子のふれあいを大切にしてほしい」と話すのは、ボランティアで読み聞かせを行っている、つぼみの会の皆さん。おはなし会の際には、季節や天気に合わせて本を選ぶなどの工夫をしているといいます。“正しい読み聞かせをしないと”と思ってプレッシャーを感じてしまう方も安心して。まずは、子どもが本に慣れ親しむところから始めてみましょう。
お母さんやお父さんの膝の上で読み聞かせをすることで、子どもは安心感を持つことができます。大事なコミュニケーションの時間の一つとして、子どもと一緒に本の世界を楽しんでみてください。

ひとくちメモ
生後6か月頃から物を見ることに興味を持つようになります。初めは言葉が繰返し出てくるものや、「ふわふわ」「ワンワン」などの擬態語・擬声語が出てくる本を選んでみましょう。

子育て支援・多世代交流センターの催しはこちら
・わんぱーく・みと(大町3、TEL 303-1515)
・はみんぐぱーく・みと(本町1、TEL 302-3662)
※ 催しのスケジュールなど、詳細は、同センターホームページ(https://www.kosodate-mito.com)で見ることができます。

<<この記事についてアンケートにご協力ください。>>

広告

※広告は一般社団法人オープン・コーポレイツ・ジャパンが掲載しているものであり、広報紙を発行している自治体とは何ら関係ありません。

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル
協力 水戸市 〒310-8610 茨城県水戸市中央1丁目4番1号